飯田橋は“いもや”に限る

株式会社キーカンパニー 代表取締役 下薗博康 のブログ「風は南から」

飯田橋は“いもや”に限る


2010年11月2日

ちょうどお昼のアポイントが幸運なことに飯田橋。

お昼頃飯田橋界隈で仕事がある時の80%くらいは、とんかつ“いもや”に出向くのが僕のお決まりランチ。

このお店新人営業マンだった頃、日大弓道部主将だった2つ先輩との同行で飯田橋を訪れた時に「シモ、お前 “いもや” 知ってるか?」と問われ、「知らないです」と答えたら「バカ、お前 “いもや” 知らない営業マンはダメだ!」と言われ連れてってもらったとんかつ屋である。

その時は確か12:00までまだだいぶ時間があったのだが「早く行かなきゃ並ぶから」という理由でいわゆる早弁をした記憶が残っている。

カウンター席のみで座席数は約10席程度。

メニューは当時からとんかつ定食のみ(13:00過ぎるとヒレカツが注文できる)。

つまり空いた席に座ると注文なしに自動的にとんかつ定食がふるまわれるわけ。

今日は12:00直前に店に入ると、既に10名程度の行列が。。。

それでもお客の大半は10分前後で、ほとんど無言でとんかつを食しているので回転率が高いので待つこと5分程度で目的のとんかつにありつけた。

今日は少しお腹が空いていたので、「キャベツ大盛りで!」と注文。

事前に盛られたキャベツに揚げたてのとんかつが乗り、その上に大盛り分のキャベツが乗っかってくるので、もはやメインディッシュが見えない状態で提供される。

シジミの赤出汁が今日はやや薄かったけど、とんかつはやはり美味しい。

でも20数年前に初めて食した時の感動はもはやないなぁ~

あのころは確か定食が600円、それが今では750円(キャベツ大盛りはサービス)。

それでもこの値段で高級とんかつ屋の1500円レベルのとんかつが食べれるわけだから感謝しなきゃな!

残念ながら写真は掲載しないけど、こちらでご覧ください。

http://r.tabelog.com/tokyo/A1309/A130905/13009040/

飯田橋にお越しの際は是非!!