リアルソーシャルネットワーク

株式会社キーカンパニー 代表取締役 下薗博康 のブログ「風は南から」

リアルソーシャルネットワーク


2011年1月26日

どこまでうまく伝えられるか?昨晩の出来事である。

昨年11月頃からある人材ビズネス大手の役員Sさんにお世話になり始めた。

一段落した12月に食事をご一緒させていただいた時にとある共通の知人の話になり、今度その方とお会いしましょうということになった。

その共通の知人Mさんは、その役員の元同僚で現在は東武東上線の東武練馬というところでスナックを営んでおり、昨夜そのお店にご一緒させていただくことになったのだ。

池袋で待ち合わせたのだが、そこにもう一人その会社のTさんも合流。

3人で軽く食事をし、いざ東武練馬へ。

さてこのスナックの経営者と僕との関係は、僕の鹿児島の同級生TM君とその経営者Mさんが知り合いで、数年前に板橋で行われたバーベキューでお会いしてから、その後何度かそのお店を訪れていたのだ。

もちろんMさんの前職を知っていたので、人材関連の意見交換を何度かする仲だったのだが、MさんとSさんが知り合いだったということは昨年Sさんと食事をした時に初めて知った(MさんとTさんも当然知り合いで、TさんはSさんのお店によく訪れている常連さんだった)

話を複雑にしてもしょうがないので、整理すると、

僕とSさん(昨年末からのビジネスパートナー)、SさんとMさん(昔の同僚で昨晩10年ぶりの再会)、MさんとTさん(現職の同僚同士)、SさんとTさん(昔の同僚で、現在はTさんがMさんの店の常連)、僕とTM君(鹿児島の同級生)、MさんとTM君(TM君がMさんのお店の常連)という構図の人間が、Mさんのスナックに集い、ひとつのネットワークになったというお話。

何だか書いててよく分からなくなったけど、これってリアルのソーシャルネットワーク。

ちなみに全員Facebookとかで再会したとか、知り合ったとかではない。

こんな関係性っていいよね!