ターゲットを絞った学生集客により、工数の削減と質の向上に成功

企業 A社
業種 化粧品商社
特徴 設立7年の成長ベンチャー
採用人数 5名
課題 業務内容、成長性から多くのエントリーが集まってくるが、自社がターゲットとするバイタリティ溢れる学生の含有率が少なかった。
>>>詳しくはこちら

内定者への「意思決定セミナー」により、承諾率の向上に成功

企業 B社
業種 呉服小売業
特徴 東証一部上場
採用人数 40名
課題 業務内容、成長性から多くのエントリーが集まってくるが、自社がターゲットとするバイタリティ溢れる学生の含有率が少なかった。
>>>詳しくはこちら

不人気業種であることを開示することで内定率がアップ!

企業 C社
業種 環境衛生業
特徴 未上場
採用人数 8名
課題 新卒第2期生の採用ということもあり、そもそも採用ノウハウに不安があった。
また不人気業種であること、採用専任者がいないということも課題。
>>>詳しくはこちら

地域密着型のナビを利用し、人が集まらない地域での採用に成功

企業 D社
業種 小売業
特徴 東証一部上場
採用人数 200名
課題 採用人数が多いため、母集団形成に苦労していた。東京をメインに、ローカルでも採用活動を行っており、大手ナビサイトを複数活用して頻度高く説明会を実施していたが、それでも足りないという状況だった。
>>>詳しくはこちら