未来志向の学生と将来性のある企業の出会いを創出「IR就活」


・毎年新3年生に対して、自社を知ってもらうのにコストと工数がかかっている
・財務やビジネスに自信があるけど、学生からの知名度がないので応募が少ない
・内定を出しても、結果的に知名度のある大手企業に承諾されてしまう
・自社の企業価値や将来性をなかなか理解してもらえない
・入社後の働くイメージを明確に持って、選考に来る学生が少ない
・本当に採用したい優秀な学生となかなか出会えない