採用広報はいつから実施すればいいのか知りたい|社員の定着と活躍で、企業の成長を支える「採用コンサルティング」

大手と同じ時期に実施したところで、効果が見込めない可能性も

大手企業を中心に、経団連の指針に沿って採用活動を行う企業が多いのが現状ですが、基本的に通年で広報するのが望ましいと考えます。

まずは学生に自社の存在を知ってもらうことが重要です。

しかし、コストの発生するナビ掲載では、企業規模、人気度、認知度によって、他の大手と同じ時期に実施したところで、効果が見込めない事もありますので費用対効果を見据えて、広報時期を検討する必要があります。

具体的に言うと、経団連の指針では12月1日が広報の解禁日ですが、戦略的に1月以降の開始、4月以降の開始とする事も必要です。(2013/10現在)

御社のターゲットや企業規模、人気度、認知度を考慮して、ベストな広報のタイミングを
アドバイスいたします。
詳しくは採用コンサルティングをご覧ください。