採用したい学生を見極める選考・面接方法|社員の定着と活躍で、企業の成長を支える「採用コンサルティング」

突発的な質問やグループワークが有効です。

ターゲットがどのような学生かによっても変わってきますが、今は学生の多くが面接の対策本を読み、ある程度答えを用意しています。

それだけでは、なかなか見極めるのが困難です。

グループワークを使い、そのメンバー内でおのような行動をとるか、メンバーが変わったら、どのような行動をとるかなどで判断するのが有効です。
しかし、実績がないとグループワークで判断するのも難しいでしょう。

事前に答えを準備できないような突発的な質問をするのも、有効です。

また、リクルーターを使い、学生のホンネを聞き出す手段も良いでしょう。

学生を見抜くためには、選考方法や面接官の質問力が必要です。

また、リクルーターを使用する際にも、十分な研修が必要です。
・自分の好き嫌いで態度を変える
・会社の愚痴を言う
など、リクルーターが問題を起こしてしまうケースも考えられます。

そんな場合は、是非キーカンパニーのリクルーター研修をご活用ください。


 
また、リクルーターの候補者がいない、マンパワーがないという方は、成果報酬型採用代行をご利用ください。
説明会の代行とリクルーター業務をお受けします。