入社までに会社と仕事の理解を深める方法|社員の定着と活躍で、企業の成長を支える「採用コンサルティング」

社員と触れ合う機会を作ること大切

内定後は、学業や残りわずかな学生生活を充実させるための活動に影響のない程度で、社員と触れ合う機会を作ること大切です。

できればインターンシップとして業務を体験してみたり、会社の行事に参加させるのも一つの方法です。

社員との触れ合いは、仕事の理解を深めますし、今の自分に足りないものを気づかせる良い機会になります。

また、翌年の採用活動を手伝わせるのも良いでしょう。
自社の仕事について語らせることにより、、より自社の理解も進みますし、モチベーション向上にも繋がります。

内定後のフォローをどうすればよいかなど、お気軽にご相談下さい。


 
説明会で内定者に自社の説明をさせるのは、現実的にはとても難しいと思います。
キーカンパニーでは、学生と社会人とがフランクにコミュニケーションを取れる場を提供していますので、是非ご活用ください。